▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電

▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電


▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
続々を大手メーカーから家庭向けの太陽光発電システムが発売され始めてきていますが、どこにしようか迷ってしまいますよね?
基本的な性能は同様となっていますが、比較ポイントは様々ありますので、まずは全てのメーカーをチェックしてみてください。近年注目をされている太陽光発電は、正直な話しまだまだいくつかの問題点というものが存在しています。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。太陽光発電というのは発電量が不足をしている時や夜間におきましては電力会社から電気を買う必要が出てきます。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。
太陽のエネルギーを十分に生かすことで電力を確保することの出来るのが太陽光発電となります。
太陽光発電によって、停電時対策や地球温暖化対策にも有効的となるのです。太陽光発電というのは初期費用にまとまったお金が必要になるということも、設置を諦めてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。





▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電ブログ:2017年10月20日

引っ込み思案なお子さんだったぼくが、
小学5年生のときに、学芸会の劇の主役を演じることになった。
それはぼくにとって、大きな事件だった。

「絶対見に行くからね!」
いつも明るい母親が言った。
ぼくが世界で一番喜ばせたい相手がこの母親であった。

当時、我が家は裕福とは言いかねる状況でしたが、
それでも父と母親は一生懸命働いて、
ぼくたち兄弟三人をどうにかこうにか育ててくれていた。

当日、ぼくは熱演した。
ダンボールの帽子を被り、
思春期の入り口に差し掛かったお子さんには少々照れくさい
「泣く」という演技もこなした。

家に帰るなり、
母親が「すっごく良かった!あんたが一番上手だったよ!」と、
それはもう手放しで絶賛してくれた。

しかしその晩、
年子の兄貴の言葉によって、ぼくは事実を知る。

「一番上手!」どころか、
母親はぼくの「熱演」を見てもいなかったのだ。

兄貴は学芸会の運営委員で、
体育館の戸口を開閉する係をしており、
ぼくの出番の時は、兄貴も母親を待ち構えていたのだが…

「幕が開いても母さん来なかった。
お前の出番が終わって、幕が閉じてる最中にあわてて入ってきたんだよ」
母親の居ないところで兄貴は言った。

ぼくはがっかりした。
先生にでも級友にでもなく、母親に捧げた演技だったのに…

見てもらえなかったことは悲しかったが、
母親への失望や怒りは沸いてこなかった。

ただ、
いつも物を入れすぎて
不格好になっている仕事用の鞄をブラ下げ、
息をきらしながら、
慌てて体育館に向かっている母親の姿が浮かんだ。

仕事をこなしながらも
きっと一日中ぼくのことを考え、
精いっぱい調整して、それでも間に合わなかったのだ。

母親こそ、本当は泣きたかったに違いない。
「熱演」をしたのは母親の方だったのだ。
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電

▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電

★メニュー

▼お役立ち情報:電池モジュールを搭載している太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽電池モジュールで太陽の光を受けて効率よく電気を作る
▼お役立ち情報:注意をしておきたい太陽光発電業者の特徴
▼お役立ち情報:自宅の屋根の形状や耐久性、日当たりなどを調査
▼お役立ち情報:節電効果のある太陽光発電
▼お役立ち情報:もっと太陽光発電について勉強しよう
▼お役立ち情報:問題点の多い太陽光発電
▼お役立ち情報:太陽光発電の装置は導入時の初期費用が高額
▼お役立ち情報:地球規模で環境問題に貢献できる
▼お役立ち情報:24時間安心の太陽光発電でもっと便利に


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)災害に備えて便利で安心の太陽光発電